人間という生き物 

子供の頃、夏休みの宿題は早めに終わらせた方かどうか。試験勉強は一夜づけや直前になって始めたほうか。僕はどちらかといえば違って、どちらも早めに取り組み後半に圧迫感を味わうことはしなかった。今もどちらかといえば早めに少しずつ物事を進める方だ。ただ、多くの人は夏休みの宿題も試験勉強も直前になるまでやらなかったという人が多いと思う。そういう意味では僕は少数派の人間のようだ。
楽観的な感じで、そろそろやばいなと思ったら動きだすといった感じなのだろうか。人間はそういう感覚の人達が多数派だとすれば、そろそろ「やばいな」と感じた方がいいような気がする。
今日もインド洋の方で大津波が発生したニュースが報道されているが、今年ほど天変地異が続いた年は自分の人生では記憶にない。そして今年ほど「そろそろやばい」と思った年も他にない。
地震等の地球内部の動きの災害は人間の生活に関係なく起こりうるものかもしれないが、それ以外の世界各地で起こった自然災害の多くは人間の生活が生み出したものといっても過言ではないだろう。このような現象は今年だけで終わるとは思えない。もっと大きな事態が起こるかもしれない。ただ、僕達人間はまだまだ「やばい」とは思っていないのか、自分達は大丈夫と思っているのか、これらの出来事が起こってもほとんどの人がその生活を変えることはないだろう。義捐金はもちろん大切だ。だがそれと同時に今までありえなかったほどの台風や水害、土砂崩れなどが起こった原因をみんなで少し考えた方がいい。そしてそれらを防ぐ為に自分達でできることがないか考える時期が既に来ていることを知るべきだと思う。
遠くで起こっている災害は遠くの出来事ではない。自分達の出来事としてしっかり見つめないといけない。少数派の僕が、そろそろ人類もやばいと思えた今年だったが、まだ多くの人々はそんなことは頭にないようで、この島だけでも海や森をどんどん壊していく動きに歯止めがかかっていない。
「人間という生き物はその多くが気づくのが遅いゆえに絶滅した」という説がいずれ新生命体により唱えられることになるのだろうか?もしくは理由が分からず恐竜のように隕石説で片付けられるのだろうか。いずれにせよ、同じ仲間同士で戦を繰り返し、そして命の源である海や森を、後に残らないお金のために自らの手で消していっているような生き物は、普通に考えて長く続くとは思えない。
みんなが気づくのはいつだろう。もう人類はあと5年しか生きれないというほどのところまで来て、ようやくバタバタとやりはじめるのだろうか。学校の宿題は多少遅れても先生に怒られればすんだが、この問題はそうはいかない。世界中の偉い人たちが、そろそろ自然のこの怒りの声に耳を傾ける時期だと思う。自然は僕達のお母さんだ。学校の先生と違ってお母さん。だからこそ期限切れになる前に怒ってくれている。ここだけは夏休みの宿題のときと一緒かな。
僕達にとっては大きな宿題だと思う。でもどんな宿題でもまずはみんなが自分ができるものからはじめていけば、ものすごい数の問題を解いていけるはず。来年は宿題が少しでも減っていくような一年になればと思う。僕もその為に自分ができることをもう少し作っていきたい。
[ 2004/12/27 14:11 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

今年もやっぱり早かった 

今年もあと10日あまりか
クリスマスも近いということでブログデザインも期間限定でクリスマスバージョンにしてみました
こっちは雪も降らないし、芯まで冷えるような寒さもないので、クリスマスシーズンもなんとなく雰囲気が違う感じだ。この時期になると雪が降る本土の冬が恋しくなったりする。といっても本土は今年もまた暖冬でスキー場も大変みたいだけど。スキーは以前は毎年行ってたけど、沖縄に来てまったく行ってないなぁ。いつか沖縄の仲間達と一緒に行きたいな。
それにしても2004年も早かった。スローライフに浸っている僕でもこう感じるんだから、他のみんなの1年はとんでもなく早いんじゃないか?最近福岡時代の友達にもあってないけど、みんな大丈夫かな。こっちにいるとなかなか同窓会もいけないんだけど(というかこのところ連絡がないのは、行方不明者扱いなのか、最初から来れるはずがないと思われているのか、それとも存在自体忘れられているのか)、みんなどんな感じで年を重ねているのかちょっと会ってみたいな。
今日はちょっと肌寒い。沖縄でも鍋やおでんが食べたくなる気温だ。今日は何を食べようかな
[ 2004/12/20 17:09 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

爽快!トレッキングに行こう 

20041215145922.jpg
最近晴れた日の休みの日には運動もかねて森にトレッキングに出かける。仕事でも海や山へ行っているのに、朝のカラッと晴れた空と、澄み切った空気を感じたら、自然と行きたくなるのだ。ちょうど本土のスポーツの秋的な気候だからなのかな?比較的仕事も少ないこの時期は、運動しておかないとすぐに体も重くなるので、思い立ったら行くべし。
今日は天気も最高で歩いていて気分は爽快!でした。途中ではリュウキュウヤマガメ君にも出会い、しばし観察。この亀は少し前までは今住んでいる家の裏山にもいたそうだけど、変な道路をたくさん作ってからいなくなったみたいです。残念・・・どうか彼らが安心して生きていける環境がこの島にもずっと残っていきますように。
歩いた後は、なんとなくすっきりしてそしておなかが空いて、思いっきり食べてそして眠くなる・・・。次はどこを歩いて何を食べようかな・・・・今日は秋の始まりのように暑い1日です。
[ 2004/12/15 15:14 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

季節不明 

20041212142606.jpg

数日前から妙に温かい。昨日は半袖、今日はあったかい雨。そして台風28号も発生。そのうちまた寒くなったりするのかな。今月は季節が3つくらい混在している感じだ。
さて、そんないつもより温かい2日前は、日本テレビ「ナイナイサイズ」沖縄ロケのスタッフケアとして山に入りました。裏でフォローする役だったのでテレビには出ませんが、正月に放送されるようですので時間のある方はご覧下さい。セリフの節々で沖縄のものについての間違いがあるようなので、いくつ間違いがあるか探してみるといいかも(番組上、地元の方がわざと間違えてるのもあるのでご了承下さい)。ガイドとしてその場で正解を教えてあげたかったけど、僕はそこにはいない設定だったのでできなくて残念(透明人間扱いなので本番中はまともに声も出せなかった)!今度はきちんと自分が絡めるロケに参加しないとやばいな
区の皆様、撮影スタッフの皆様お疲れ様でした
[ 2004/12/12 14:39 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

今日の夕日 

20041209175745.jpg

明日は森の中でロケです。明日もいい天気になりますように
[ 2004/12/09 17:58 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

年賀状準備 

20041207174005.jpg

昨日海で拾った漂着物で作った鳥を持って今日も海に行ってきました。
天気も良くて波も昨日よりは穏やかだったので、12月とは思えない明るい色の海と空が目の前に広がる気持ちいい浜辺で黙々と年賀状の写真をとってました。
早く泳げるシーズンにならないかな
[ 2004/12/07 17:48 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

嵐のあと 

20041206203616.jpg
台風27号も過ぎてすっかりいい天気になったので、海岸に行ってみた。天気は良くても海の風と波は強くて、人は誰もいない。今日はカヤックも中止になってしまったんだけど、浜を歩くだけならとても気持ちいい天気だ。
気持ちいいだけでなく、嵐の後の海は色々なものが流れ着いていて、面白いものが流れ着いていないか探すのは面白い。でも、今日の漂着物の量には唖然としてしまった
20041206204041.jpg
大きなタイヤから外国のペットボトルまで色々なものが流れ着いていた。この浜だけでこんなに流れ着いているとしたら海には一体どのくらいのゴミが漂流しているんだろう・・・
自然のものももちろんたくさん流れてきていて、ヤシの実やゴバンノアシというまさに碁盤の足のような木の実、モダマ(イルカンダよりももっと大きな豆)などが漂着していた。
こういう漂着物を見ていると、いつも何百年も前の海で漂着物探しをしてみたいと思う。その浜には恐らく今のような大量なゴミはなくて、自然のものがほとんどだったと思う。でもその中に時々見たこともない人工物が流れ着いたりして。その漂着物を手にしたときに遠い国の存在に気づき、それに思いを馳せたり、その漂着物がその地区に新しい文化を芽生えさせたり・・・・海の風や波が一度起こればそれは文化や民族の1歩となり、長い時間をかけてある場所に到達するという感じで、世界はゆっくりと動いていたんだろうな。
そんなゆったりした広大だった世界を想像していると目にはいった大量の現代のゴミで目が覚めてしまう。そうそう、ゆったりしてられないんだった。今日は年賀状の干支の鳥を漂着物で作るために来たんだった。師走はやっぱりあわただしく、早々と過ぎ去っていくのかな・・・といっても僕は相変わらずスローライフなんだけどね
[ 2004/12/06 20:53 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

出戻りの夏 

少し前に冬が始まるという感じの記事を書いたけど、夏が戻ってきた。台風とともに。
低気圧になったとはいっても、今外は強烈な風が吹いている。そして少し前まで乾燥した冷たい冬の空気だったのに、今日は生暖かくて夏のにおいのする空気に変わっている。12月だというのに今日は半袖・・・・また夏が戻ってきた感じだ。それにしても12月に台風なんて…この調子だと1月から沖縄に来てしまうんじゃないかと本気で心配してしまう。
今日は衣替えをしようと思ったけど、この暑さだとやる気もなくなった。
今日は島酒のみつつのんびりするかぁ
[ 2004/12/04 16:43 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

師走 

20041201132235.jpg

今年もあと1ヶ月。これほどまでにスローライフなのに早く感じるのはなぜ?とりあえず早くも気持ちは来年に向いている感じだ。今年は引越しなどでバタバタしたけど、来年はまた公私共に活動の範囲を広げていこうと思っています。とりあえずは98年からずっと続けていた「We are Tom Sawyer」のサイトから僕の個人サイトはこのブログに完全移行しました。これからはモンパの木での活動をメインに、来年からはクリーンアップなどの活動もさらに幅広く行っていきたいです。福岡で活動していた頃からのタイムカプセルとしてそのまま残しておきたいと思います。
今朝は名護岳にある公園の遊歩道を散歩した。家から近いので時々散歩するのだが朝の爽やかな空気に包まれて歩く森は快適だ。駐車場付近に来ると、猫が3匹近づいてきて目の前にちょこんと座った。この猫達は捨てられた猫で、公園の掃除係の人がエサをあげているようだ。僕がエサの時間近くにちょうど来たから喜んでやってきたのだろう。
沖縄では、山に捨てられる犬や猫が多い。そのような場所には同じく生活ゴミなどの不法投棄も目立つ。美しい森と、眼下には色鮮やかな海が広がるこの場所に、命ある生き物をゴミと同じような扱いで目立たない場所に隠すように捨てていく人がいる。残念なことに捨てているのはこの町に住む人だろう。彼らはポイ捨てしたゴミがこのあとどうなるのか考えたことがあるのだろうか。捨てられた命がこのあと生きる為にどうしていくのか考えたことがあるのだろうか。
沖縄にはアメリカや国や県が関係した複雑で難しい問題で失われそうな自然もある。でもポイ捨てや捨て猫などによる自然荒廃は、一人ひとりがモラルを高めるだけで大いに改善できることだと思う。とはいうものの、簡単なことだからこそ人々が気づかない難しさがあるのかもしれない。
猫達が僕の方をじっと見つめていた。なんだか、エサに期待して見つめているだけのように思えなかった。僕達はもっと気づかないといけないことがあるはずだ。そして一人でも多くの人にそのことを気づいてもらう機会を作っていくことが、僕達の役目なのかもしれない。
[ 2004/12/01 14:05 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)