よく見る夢 

CIMG6368.jpg

今日は久々の快晴!しかも暑い~~。また夏が戻ってきた感じの天気で、再び半袖生活してます。ウロコ雲のような薄い雲が広がる空から、久しぶりにモクモクと盛り上がる積雲のような雲に戻っています。でもこんな雲がでたもんだから久しぶりに夕立のような激しい雨も降ったよ。
最近、というか少し前からよく見る夢がある。昨日も見たので書くと、大学時代に単位をとり忘れそうになることを4年の後半になって気づきあせる夢。それも、あと1回でも欠席すると単位が取れなくなるという土壇場の状態で気づき、かなりヤバイと思う夢。これは今まで何回も見た。他によく見る夢は試験に遅刻しそうになる夢、銀行員時代に遅刻しそうになる夢、ノルマに追われる夢あたりかな。全て何かに追われる夢。これって、心理的に追われている状態になってるのかな?不思議と今の生活の夢ではこんなシチュエーションのものは出てこない。遅刻とかノルマのことは実際にあったけど、単位をとり忘れるということは大学時代なかったのにどうしてこんなに何回も見るのかなぁ?
もしかして夏に比べて仕事が減ったので心のどこかで焦ってるのかも。。よし、今月はけっこう休んだので来月は頑張るぞー!
[ 2005/10/28 17:25 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(4)

清掃登山 

1022zd.jpg

昨日は、久しぶりにクリーンアップ行事を開催したよ。場所はクガニ岳です。
登山道のゴミは少なかったけど、駐車場は割と多かったなぁ。頼むからゴミくらいは持ち帰ってほしいよ。

この1週間で沖縄も気候が一気に秋めいてきました。1週間前までは半袖で寝ていても汗をかくほどで滝でも泳げていたけど、急に乾燥した北風が強くなり、今では長袖と布団も掛け布団を増やして寝てます。昨日の山も風が強くて曇っていたので少し寒かった。でも歩いているときは程よい感じで今からが山を歩くのには一番いいかもね。
寒いといっても本土に比べたら全然あたたかいよ。今までが暑すぎたから少し寒く感じるのかな。機構的には一番気持ちいい時期です。

来月もできればクリーンアップやる予定です
[ 2005/10/23 11:08 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

那覇にて 

CIMG6334.jpg

昨日は久しぶりに那覇に行きました。やっぱりやんばるに住んでいると那覇でも車と人の多さに疲れるね。
小腹がすいたので、「てんtoてん」で沖縄そばを食べました。識名園の近くのとても静かな場所にあるお洒落なお店です。お店の中はアトリエ風で、那覇のそばは久しぶりに食べたけど美味しかったよ
[ 2005/10/20 08:50 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

やんばるの産業祭 

CIMG6282.jpg

昨日はやんばるの産業祭りに行ってきました。離島を含む沖縄北部の市町村の物産の直売やステージでは芸能などを披露するお祭りです。もちろん普通の露店もいっぱいあって、子供たちにはそっちの方が大人気なんだけど。
毎年同じようなもんだろうと思って去年は行かなかったんだけど、今年時間があったので行ってみたら、各市町村が力を入れているツーリズムについての展示・紹介や高校の農業研究の発表などを紹介するコーナーも設けられていて、より「産業祭」という名前に相応しいものに前進していたような気がする。
やんばるの資源や地の利を持続的に利用しながら活性化につながっていけばいいな。
風船を配るコーナーが子供たちに大人気だったけど、空を見上げると必ず1つか2つは空高く飛んでいってた。そんな風の強い日でした。
風も北の乾燥した風になりました。もう秋だな
[ 2005/10/17 11:20 ] 休みの日 | TB(1) | コメント(0)

奉納祭 

名護山樫木の一こま

今年は自分が住んでいる区の豊年祭に行けなかったので、昨日隣の区の「名護城奉納祭」に行ってきたよ。名護では奉納祭、八月踊り、豊年祭といった呼び名で豊年を祈願し、奉納の踊りや獅子舞等がこの時期各地で行なわれています。まだまだここには昔ながらの村踊りが残っているよ。
写真は、19の演目の中でもメイン的な歌謡劇「名護山樫木」の模様。この中では「国頭サバクイ」も演じられて、八重山などとはまた違った、やんばるらしい村踊りの雰囲気を味わうことができた。
小さな子供からお年寄りまで演目に参加して、もちろん見るほうもあらゆる世代がいて、こんな風に世代関係なく芸能に触れることができる文化が残っているっていいことだね。
[ 2005/10/13 08:42 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

美ら島と呼べなくなる日 

CIMG6016.jpg

今日は夜から休養後初の仕事ということで、日中は余裕があるので少し近所の山をドライブしていた。そこで目にしたのは写真にある不法投棄の現場だ。テレビをはじめ様々な生活用品が森の谷の方に投棄されていた。普通に分別すれば回収してもらえる一般ゴミまで捨てられている。
この名護市街地に近い森は、近年新しい道が増えたと同時に旧道が増え、旧道の車がとめる事ができるような場所にはこのような不法投棄が非常に多い(これは不必要な道をつくりまくった結果でもあると思う)。以前より個人的に、また時にはグループでこの地域の沢を中心にゴミ回収を行っていたが、同じような箇所が何箇所も点在していることと、冷蔵庫などの大型ゴミも多く、谷底に放り投げられたものを引っ張り上げるには僕や仲間たちの力だけではできない部分もあり、できる範囲で清掃をしてきた。また、電化製品を善意で回収してもそれを処分してもらう際にはこちらがお金を払わなければいけないとも言われたため、ゴミを回収するたびに市の力でこの地域のゴミを一括で回収できないかお願いしていた。
するとある日、その願いが通じたのかどうかはわからないが、この地区の最も規模の大きな不法投棄の場所のゴミが見事に完全回収され、完全に元の森へとその姿を戻していた。このときは本当に嬉しく、ありがたく思った。
それから約半年、今日その場所を通ったときに撮った写真がこれである。不法投棄はまた始まっていたのだ。

ここ沖縄は観光立県である。美しい海、森、南国を彩る花々・・・観光ガイドブックの写真に写されている本土とは一味違った色鮮やかなそれらを見ていると、まさに沖縄は美ら島(ちゅらしま)と呼ぶに相応しい。ただ、沖縄の海や森に行けば必ずそういう肩書きを名乗るに恥ずかしくなるというか、情けなくなってしまう光景がある。観光客の人には本来見せたくない沖縄の一面がある。ただ、やがて「美ら島」と言っていられる時代もこのままでは終わってしまうだろう。観光ガイドブックも何十年も前の風景写真やホテルの前のビーチの写真しか載せれなくなるだろう(実際に既にそうなりかけているが)。
ようやくこの数年、各地で清掃活動が行われ始めた。膨大な海のゴミや町に散乱するポイ捨てゴミ・・・これらはそういった皆さんの活動で毎年相当量が回収されている。しかし、それを超えるかの量のゴミが各地に増えているのは確実だ。特に森の不法投棄に関してはこのような活動で目を向けられる機会が少なく、やがてやんばるの森はゴミの山となりかねない現状となっている。県民のモラルを改善しない限り、世界自然遺産登録なんか言ってる場合ではない。
清掃活動が増えていることは、同時に捨てている人が後を絶たないということだ。拾うことも大事だが、捨てさせないこともとにかく啓発させる必要がある。これは子供の頃からそのような清掃活動に参加したり、環境教育などの場を通して常識として学ばせていくものだと思う。あるイラストレーターの方が「ゴミを一つ捨てることは幸福を捨てること」「ゴミを一つ拾うことは幸福を拾うこと」という言葉を記していた。美ら島沖縄ではこの言葉を県民一人ひとりが意識し、行動として実践していくべきだ。ゴミをその場に作らず持ち帰ることが幸福と島の明るい未来を作るということを知ってもらいたい。粗大ゴミ不法投棄以外で今年海や森でよく見かけたゴミの中で、紙オムツが非常に多かったのはショックだった(もちろん回収した)。綺麗な海や森を求めてそこを訪れ、そこをゴミとともに使い捨てにする親が多いことにも、その下で育つ子供たちの将来に不安を感じた。

「なんくるないさぁ(なんとかなるさ)」・・・沖縄のこの前向きな言葉は大好きだ。ただ、これらのゴミを捨てた人々はゴミを捨てる瞬間にも心の中で「なんくるないさぁ」と思っていたのではないかと思う。飲酒運転検挙率全国1、シートベルト着用率全国最下位・・・この県のこれらの恥ずかしい結果もきっとこれらの不法投棄と同じく「なんくるないさぁ」からきてるのではないかと考えると、沖縄らしさでもあるこれらのテーゲー主義の光と影を感じる。
このような現状で、今これらの行為を行っている大人の世代にどのような形で啓発して行けばいいのか、常に考えている。子供たちへ伝えることよりもこれらを日常的に行ってきた大人や年配者の人たちの気持ちを変えるのは非常に難しいということを過去幾度と感じてきた。ゴミを不法に捨てるのも捨てないのも簡単なこと。沖縄の人は多くの人が沖縄が大好きで他県よりもずっと地元に誇りを持っている。だからこそ同じ「簡単なこと」だったら、他県から来る人に自信を持てる島に自ら作っていく気持ちでいてもらいたい。簡単なことと思うのだが、簡単なのに難しい問題だ。今後も自分のできる範囲で何とかしていきたい。

追記:もちろんこれらの行為を行っているのはごく一部の心無い人たちによるものである。ただし、この狭い島ではその一部の人々の行為でもかなり大きな負の要素と思う
[ 2005/10/08 16:39 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

隠居中にマーフィーの法則を思い出す 

数日前からゆっくりのんびり休養をとっています。かなり回復し、次の仕事までには100%に戻るでしょう。といいつつ、昨日は庭の草刈に気合を入れすぎて少し筋肉痛です。
昨日は雨といっていたので草刈するつもりなかったけど、天気がとっても良かったから先延ばしにせずにやりました。昨日もおとといも、その前もだったかな、予報は雨が降るといってたので、次の日の行動は雨用にして、洗濯もやらなかったらすべて快晴。相変わらず沖縄の天気予報はよく外れるなぁと思い、今日を迎えたら今日も雨の予報なのにいい天気。よし!もう信じんぞ!と思い洗濯をして外に干したとたん強い雨・・・・。今はやんでるけど午前はかなり降った。たしかこういうのってマーフィーの法則って言うんだったっけ。
レジ待ちでもよくある。2つのレジがあって、それぞれ並んでいるけど、片方にはかなり大量の買い物の人が並んでいて、もう一つは割とスムーズに流れている。だからもちろんスムーズに流れている方に並んだら、直前の人が「領収書お願いします」とか、1円単位の小銭をものすごく手こずって出したり(まれに落として探す人もいる)、バーコードを読みきらずレジの人がその場から商品価格の確認をしにいったり、オバァとレジ係りとのコント風の絶妙な掛け合いが勃発したり・・・気がつけば隣に並んでた方が早かったりする。
他にも台風対策を念入りにしたときに限って台風が来なかったり、食事を食べはじめたとたん電話がかかってきたり、、これもマーフィーの法則に当てはまるのかな。ヒロシなんかはこういう経験をネタにしてるのかもね。
さて、明日の天気はどっちかな?
[ 2005/10/06 16:32 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

連休中 

20051004150703.jpg

今日から久しぶりに連休です。このところ疲れていたのか体調もいまひとつだったし、足首も少し痛めていたみたいなのでいい休養になりそう。
それにしても今日も暑い~。少し前はかなり涼しかったんだけど、夏はまだまだ終わってないのかなぁ
そう思ったりもするけど、さっき庭に秋の渡り蝶のアサギマダラがきてました。やっぱり沖縄も日々季節は移ってきているみたいだ
[ 2005/10/04 15:21 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

ライブ 

CIMG5913.jpg
かつしくんと
昨日は名護でしゃかりのライブだったので見に行きました。
新しいアルバムに収録されている曲を生で聴くのは初めてだったけど、
やっぱりライブのほうがずっといいね。
今回はバンドバージョンだったのでかつしくんもキーボードで参加してました。
最近はそれぞれ忙しくてなかなか会えないけど、2人とも僕の大切な友達です。
今月から少しのんびりできるので、またみんなでどこか遊びに行きたいな
CIMG5915.jpg
千秋ちゃんと
[ 2005/10/01 09:59 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)