20061031124338.jpg

何年も前から自宅のすぐ裏手に名護岳中腹まで続く大きな道路を作っていたのが、ようやく開通したので歩いてみました。自宅や名護の町、海や山までとても見晴らしがいいので、これからの休日はいいウォーキングコースになりそうです。今まで登れなかった大型のバスもこれで途中までは登れるようになるのかな?
それにしても見事すぎるくらいの道なのに、全く車も人も通る気配がなくて(40分いましたが車も人も全くいませんでした)、果たしてこの道は膨大なお金と長い時間を使ってまで作る必要があったのかと疑問に感じました。お金はもう少し上手に運用してもらいたいです

この記事に一票!


僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」
[ 2006/10/31 12:51 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

実りの秋 

006.jpg

まもなく11月です。本土ではこれからの時期は紅葉が綺麗な時期になると思います。一方沖縄の森では大半が常緑の樹木なので一見したところあまり秋だなぁという感じはしないのですが、地面を見ると今の時期はたくさんの秋を見つけることができます。
やんばるの森の代表的な高木「イタジイ」のどんぐりが今の時期の森を歩くと、地面のいたるところに落ちています。
このどんぐりは殻斗が帽子状ではなくて最初はどんぐり全体を覆うような感じになっていて、その状態のときは一見どんぐりには見えないけれど、そのうち三烈して写真右のようにどんぐりが姿を現します。
とても小さなどんぐりだけどあく抜き無しで生でも食べることができます。人間でも食べれるから、当然イノシシなどの哺乳類の貴重な食料にもなります。今年は台風らしい台風が来なかったから、これからたくさんのどんぐりが地面を覆うのかなぁ
森も実りの秋を迎えています


この記事に一票!


僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」
[ 2006/10/30 18:06 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

クリーンアップ 

039.jpg

今日は普段からたくさんの素晴らしい体験をプレゼントしてくれるター滝とその周辺の清掃を、琉球大学のみんなと実施してきました。
いつもこのエリアを歩くときはルート上で見つけたゴミを拾いながら帰るんだけど、今日はルートから離れた草むらや駐車場の辺りのゴミも拾いました。駐車場や草むらには投げ捨てられた空き缶や弁当の箱、紙おむつ、ペットボトル、タバコ、バッテリーまであらゆるものが捨てられていました。
今日の清掃でゴミが目立っていた駐車場近辺も綺麗になりましたが、捨てる人がいる限りまた少しずつゴミが増えてしまいます。
ゴミを捨てた人も、そこが綺麗な場所だから訪れたはず。その綺麗な自然も訪れる一人ひとりの気持ち次第だと言うことをこれからも一人でも多くの人に伝えていくことができればと思います。

いつもよりたくさんのゴミを減らすことができて、今日は森も川も何だか喜んでいるように見えました。
たくさんの素晴らしい時間を僕達に与えてくれる豊かな自然にこれからも、自分ができる恩返しを続けていきたいです

この記事に一票!


僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」
[ 2006/10/28 20:45 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

蝶道 

ナガサキアゲハ

今日もいい天気で空の青と庭の緑とハイビスカスの赤が鮮やかです。今日はこの後雨の予報が出ているけどほんとに降るかな
庭は長の通り道になっているようで、朝から夕方までいろいろな蝶が通り過ぎていきます。時々ハイビスカスで寄り道をする蝶もいて、見ていると面白いです。モンパの木の庭だけでもたくさんの生き物達に出会えます
写真は、さっき庭で寄り道をしていたナガサキアゲハです
[ 2006/10/23 12:53 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

真夏日 

248937496_41.jpg

秋休みも終わって仕事も少し落ち着いてきました。今は修学旅行シーズンなので、団体旅行を扱うショップはかなり忙しいと思いますが、僕はそろそろ少しゆっくりできそうです。
それにしても今日は暑い!天気予報見ると最高気温の予想が30℃になってます。沖縄本島では久々の30℃。もう10月も後半なのに、今年は気温が高い状態が続きます。
それにしても29℃と30℃は1度でも全然違う感じがする。
年中このくらいのカラッとした空気と温度だと最高なんだけど、もしそうなったら沖縄の自然も大きく変わるだろうから、やっぱり例年通りが一番なんだろうな

この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」

[ 2006/10/21 13:20 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

秋が来るのは早けれど 

ツノダシ

今年は先月の半ばあたりから急に秋めいてきて、秋が来るのが早いと思っていたら、同時に夏が去るのも遅いようで、いまだに海で泳げるような気温が続いています。例年だと10月も後半だと泳ぐにはちょっと厳しいななぁと思うんだけど、今日は気持ちよく海で泳いできました。秋の爽やかさと夏の陽気が同居した状態が結構長く続いています。でも確実に気候は秋へとシフトしているはずだし、ある日突然急に秋が深まって気温が下がることもあるかもしれないので、風邪をひかないように翌日の最低気温は要チェックです

この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」
[ 2006/10/19 13:44 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

コーヒー 

一日一杯はコーヒーを飲みます。朝がパンのときはもちろん、そうでないときは事務の時やのんびりと過ごすときなんかにも飲みます。
最近少し時間にも余裕ができたので、焙煎済みのコーヒー豆を買ってミルで挽いて、挽きたての豆でコーヒーを味わうようになりました。
ミルは手動の木製のものが雰囲気がいいかなと思ったけど、水洗いも可能で手入れが簡単そうなものにしました。
挽きたてはやっぱりおいしくてもう一杯飲みたくなるし風味が違うなぁと感じながら秋の景色を眺める休日はちょっとオヤジくさいけどなかなかいいもんです。これからのオフシーズンはもっとおいしいコーヒーが自宅で飲めるように挽き方や豆の種類も自分なりに研究してみようかな。
沖縄はコーヒー栽培の北限で、東村のヒロ・コーヒーファームでは、やんばる産のコーヒー豆もあるから(ここで飲むコーヒーはおいしい!)、これを毎日のめれば最高なんだけど、生産数が少ない分やや高価。でもやっぱりコーヒーまで地産地消できれば最高!これは財布との相談です





この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」

[ 2006/10/15 11:24 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(2)

小さな場所の大きな世界 

040.jpg

海でも森でも大きな景色を楽しむのもひとつだけど、僕はその中の小さな場所にいろいろなものを見つけるのが好きで、それらを覗くことでフィールドを歩くときの醍醐味を感じます
普通の人なら素通りしてしまうような木の幹、岩陰、水溜り・・・そんなところには実はいろいろな生き物が隠れていて、でも一見あまりよく見えません。でもよく見てみると隠し絵というか騙し絵のように徐々にいろいろな生き物達や、彼らの世界が見えてきて、慣れてくると目ざとく発見できるようになります。
インタープリターとしてはそれらを僕から見つけるだけでなく、お客さんに見つけてもらい、さらにそれを解説(通訳)するのが嬉しい瞬間です。1本の木の小さな箇所だけでもものすごく大きな世界があったりして、たまには夢中になって発見や通訳の連続で思いっきり時間をかけてしまいそうになります(さすがにツアーではそれは時間的にまずいので先を急ぎますが)。でもお客さんにもそのようなたくさんの小さな生き物達や彼らが隠れている小さな世界が、そのフィールドのパズルの1ピースになっているというのを感じてもらえるだろうし、ただ綺麗な場所に行って遊んで帰るという過ごし方とは自然の見え方が大きく変わってきて面白いです。この見え方をすればみんなポイ捨てなんかしないのになぁ・・と思ったりします。
でも今日は拾ったゴミの数よりも見つけた生き物の種類の方が多くてちょっと嬉しかったです。

この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」

[ 2006/10/12 16:34 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

北風に乗って 

3連休も今日まで
夜の探検や沢歩きで3日間はツアーのお客さんと快適な時間を過ごすことができました。この時期は空気が爽やかで気持ちいいです
数日前から続いていた北からの強風もやっとおさまり、今日は穏やかないい天気だったけど、風がおさまったあとの沖縄には、秋の使者「サシバ」がやってきていました。毎年10月10日前後に本土から来た風に乗ってやってくるこの鷹は、四季がはっきりしない沖縄の秋を知らせてくれる存在です。「ピッ クィーッ!」というよく通る声が早朝の森に響き渡っていました。もう秋だなぁ
サシバの写真はまだうまく撮れていないので、今年は何とか撮ってみたいな

この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」
[ 2006/10/09 18:05 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(8)

3連休です 

今日から3連休
風はこの数日かなり強いけど、今日はいい天気で明日、明後日もいい天気のようです
沖縄の各地でお祭りや運動会などの催し物が行われています
先週はバーゲンチケット、今週は連休ということで、モンパの木も10月に入りツアーを連日実施しています。この3連休は朝から晩まで探検尽くし、頑張ります!
それにしてもいよいよ過ごしやすい気候になってきました。結局今年も台風直撃は1個もなかったけど、このまま終わってくれるかなぁ?
仕事が落ち着いたら山にも行きたいです(仕事とあんまり変わらないけど)。

この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」
[ 2006/10/07 14:49 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

クロイワツクツク 

20061005084701.jpg

朝から部屋の中がセミの声でかなりうるさいと思ったら、網戸にクロイワツクツクがとまっていました。ツクツクホウシの仲間ですが、鳴き声はぜんぜん違って「ジー グィッ グィッ」って言う感じで鳴きます。今の時期によく聴こえてくる鳴き声です。
このクロイワツクツクもそうだけど、沖縄の生き物はクロイワと言う名がつくものが多いです。これは沖縄の動植物学者の黒岩恒氏からによるものだけど、オキナワやリュウキュウ、ヤンバルなどという名前のほうが固有種やその地の亜種としてピンと来るので、こういった人の名前がついたものは別名でもいいのでこの地にふさわしい呼び名に変えていったほうがいいんじゃないかなぁと感じたりします

この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」


[ 2006/10/05 08:58 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)

豊年祈願 

20061001174932.jpg

現在、沖縄北部のさまざまさ集落では五穀豊穣を祈願し、芸能を奉納する豊年祭が行われています。
今日は屋部の八月踊り(県指定無形民俗文化財)の道ジュネーを見に行きました。奉納芸能を行う出演者達が集落を掛け声とともに練り歩きました。
僕達が生まれるほんの少し前までは山の神や海の神からの恵みに感謝し、数々の芸能を奉納するという村踊りが沖縄だけでなく本土の至る場所でも見られたと思う。
でも世の中が便利になって、なんでも簡単に手に入る現在では、このような祭り、自然に畏敬の念を持つ心も消えていっているんだと思う。
うまく言葉にできないけど、このような伝統が守られている集落では、こういった芸能だけでなく、僕達が忘れようとしているもっとたくさんのことも受け継がれているような気がする。
何かとても大事なものを感じたし、どんなに世の中が新しく変わっていったとしても、この集落でのこの伝統は自然の恵みを受けるものとして正しくて、素晴らしいと感じた
子供からオジィ、オバァまで生き生きとしていた。集落には、賑やかな市街地では感じることがない不思議な力が満ちていた

屋部の八月踊り
http://www.ocvb.or.jp/card/ja/0040000610.html
名護市内の集落ごとの村踊りスケジュール
http://kanko.city.nago.okinawa.jp/event/event09_01.htm

この記事に一票!

僕が案内する自然体験ツアーです。→自然体験「モンパの木」
[ 2006/10/01 17:55 ] 休みの日 | TB(0) | コメント(0)