台風連発の月 

台風17号が八重山諸島、台湾を通過していきました。
今回も沖縄本島への直撃は免れましたが、9月前半頃から台風が近くを通っていき、その前後にすぐに次の台風が発生してまた近くを通っていくという流れが毎週のように続いています。そして、その流れで今度は台風18号も発生しました。
この台風はもしかしたら沖縄本島を今年初めて暴風域に巻き込むかもしれません。

画像:気象庁

太平洋高気圧の張り出しが強ければ、またいつものように八重山方面へと向かうでしょう。太平洋高気圧次第ですね。

今年は今のところ直撃はないのですが、毎週のように台風が近づくせいか、体調が9月前半よりイマイチです(泣)

気圧が低くなると頭が痛くなったり、古傷がいたんだり、体がとても重くなったりします。だからもうそろそろ台風シーズン終わってほしいです。

気候の影響を受け易い体質なので、これももう少し改善しないといけないなと思い、昨日から半身浴を始めたら結構楽になりました(天気が回復したことも大きいのかなと思います)。

気がつけば9月もそろそろ終わり。10月すぎれば2016年もあと僅かです。早いなぁ~
[ 2016/09/28 13:39 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

14周年 

自然体験モンパの木は本日で創業14周年となりました。
15年目も初心を忘れず前に進んでいきます。
どうぞよろしくお願いします。

[ 2016/09/25 09:01 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

自然から学ぶ 

台風が本土に向かうことが多い今年ですが、ニュースを見ていて沖縄に台風が来る時のニュースと違うと感じるのは、強風や大雨が直撃しているというのに、風で裏返しになった傘をさして吹き飛ばされそうになりながら街を歩いているサラリーマンや、無理やり日常生活をしようとする人達がたくさん出てくることです。もちろん、人命に関わるお仕事の方や、止めることができない活動をされている方は分かりますが、あのように全身ずぶ濡れになって身の危険もある中、果たしてそこまでしてその日やらねばならないものがあるのだろうかと思います。

沖縄では暴風域に入る際は、救急医療機関は別として学校や企業など殆どがお休みとなり、台風が過ぎ去るまで安全な室内で過ごします。
それが、本土に来る台風よりも数段強力で長時間暴風域から抜けないという状況であっても、沖縄では死者・行方不明者が殆ど出ない理由の一つなのでしょう。

そんな我々のように安全な室内で過ごすことができない野生の生き物たちを見ると、やはり大雨のときや台風のときは姿がほとんど見えなくなります。しかし、嵐が去った次の日にはまた姿を表します。ちゃんと安全な場所で嵐が去るのをじっと待っていたんでしょう。嵐の日に餌を探して飛び回ったりする鳥や、あるきまわる野生動物なんていませんよね。そういう意味でも、沖縄の台風に対する姿勢は自然の力を認め、それが去るまで待つという、自然の一部としてのスタイルであり、都心の、どんな嵐でも日常生活を通そうとするスタイルは自然界では有りえません。
しかし、今の大都市では、台風もすぐに去るし、そんな数時間のために仕事に穴を開ける訳にはいかないというスタイルなのかもしれません。しかし、最近のようにこれまでの常識とは違う天候が起こるようになったからには、そろそろ嵐が去るのを待つということの大切さ、自然の生き物たちが身につけているスタイルから学ぶべきではないかと思います。自然も変わりました。人間も変わるべきです。

自然から学ぶといえば、子育てについても我々と同じ恒温動物である哺乳類や鳥類たちは、子を守るということだけでなく、独り立ちして厳しい世界で生きていけるよう、時には厳しく接します。ただ守るだけで、何でもかんでも親がしてあげていたら、体は独り立ちできるくらい大きくなったとしても、厳しい世界では生きてくことができないのです。近頃、いろいろな場所で、ただ子を守ることしかできていないんじゃないか、生きていくための常識を何も教えていないんじゃないかと心配になる親を見ますが、同時にそんな親に育てられている子達は将来苦労するだろうなと、気の毒に感じます。

人間は文明を持つ唯一の生き物ですが、ルーツは他の生き物と同じです。どんなにこれから文明を発展させていったとしても、自然の一員であるということからは抜け出すことができません。だからこそ、自然から学ぶことを忘れず、原点回帰という意味でも他の生き物たちの、人間生活からは見えにくくなった芯の部分を見て思い出すべきだと考えています。
[ 2016/09/22 10:01 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

朝の森 

雨上がりの朝、森を歩いてきました。

済んだ森の空気と香りが心地よかったです。




ハシカンボクの花も多く咲いていました。

朝の空気は爽やかで、真夏の朝とは随分違います。でもまだまだ晴れると暑いです(^_^;)

それでも、オオシマゼミの涼しい鳴き声が響き渡る森は、真夏から秋へと少しずつ進んでいることを感じさせてくれました。
[ 2016/09/20 12:55 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

台風16号 

今回の台風もまたしても直撃はなく、通過していきました。
でもやはり強風域も近いので海は大荒れです。

暴風域はもちろん、強風域のときも危険なのでここまで近づくことはできません。
この程度で済んでよかったです。これで海水温も少しは下がってくれると良いのですが

こちらは被害もない状態なのですが、最近は台風から遠く離れた本土の方が50年に一度の豪雨だとか、とてつもない大雨や災害が発生するケースが多いので、これから台風本体が本土へ向かうということで心配です。
映像で見る限り、昔テレビで見た、温暖化が進行した未来の地球の様子に酷似していて、少し怖くなります。もうそういう時代になってきたのかもしれません。僕が子供の頃とは明らかに本土の気候は違います。

とにかく、安全第一で無理をしないよう心がけていきましょう。
[ 2016/09/19 10:05 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

瀬底大橋のたもとにあるカフェ 

久しぶりの外食レポートです。夏のハイシーズンはなかなかできなかったのですが、ようやく再開です。

今回は海カフェてんりんさんに行ってきました。本部港から少し細い路地に入ったところの、こんな感じの味のある集落の道を入っていくとお店があります。

看板に書いてあるとおり、こちらはカフェよりも「パワーストーンTENRIN」として有名なお店で、オリジナルのパワーストーンのブレスレットなどを作ることがもできます。

でも、とりあえず今回はカフェということで

こちらが入口です。最近多い、多額の助成金などが使われた感の強い箱物とは違う、手作りのほっとする雰囲気の入口です。

入ってすぐがパワーストーンのコーナーで、左奥にカフェがあります。

カフェの店内はこんな感じで、開放的です



すぐ目の前にきれいな海と瀬底大橋が見えます


日陰なので涼しくて、風を浴びながら過ごすだけで快適でした。最近の観光地のように人だらけではなく、ずっと過ごせそうなくらいゆっくりした空気が流れています。

今回メニューは撮り損ねたのですが、こちらは軽食のお店ですね。
パスタとドリンク(アイスコーヒー)をオーダしました。


こちらがパスタ(ボロネーゼ)です。
この景色を見ながら食べるのは本当に贅沢で美味しかったです。
ただ、やはりサラダもなくてこれだけなので軽食です。しっかり食べる方はあまり向いていないと思います。
ゆったりと時間を忘れて過ごしたい方、ちょっとお茶をしたい方や、小腹がすいた方にはオススメです。こちらは隣に古民家カフェもあるのでまた行ってみたいです。


【海カフェ てんりん】
沖縄県国頭村本部町健堅996
TEL:0980-47-4556
営業時間 10:00~18:00
定休日:木曜
海カフェてんりんさんのホームページ
地図
[ 2016/09/17 10:37 ] 名護周辺のお店 | トラックバック(-) | コメント(0)

晴れた朝 

台風が9月になり連続して発生していますが、今のところ沖縄本島の直撃はなく、次の16号もなんとか直撃しなさそうな感じになってきました(まだ直前にならないと分かりませんけど)。


うちの前の海も風が強いせいか波がやや高く、波打ち際の水も濁っています。

しかし天気はとても良いのでドライブなんかには最高な感じです。

晴れはあすまで続くようです。
[ 2016/09/15 13:11 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

さわやかな朝 

今朝の森


8月までとは違う爽やかな風が心地よい、とても綺麗な木漏れ日の景色でした。

台風16号が週末に沖縄にも近づくかもしれません。これまでは直撃がないのですが、今度はどうなるでしょうか・・・

来るとなればしっかり台風対策したいと思います。本土の皆さんも大雨が多いようなのでお気をつけ下さいね。
[ 2016/09/14 14:31 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

量より質 

うちも台湾や香港、シンガポールなどから個人や家族旅行で紅型体験を楽しまれる方が増えました。

今の沖縄の観光地はどこに行っても人だらけの中、うちみたいにアットホームな雰囲気で落ち着いて伝統工芸を楽しみながら、同時に僕達とのコミュニケーションをゆっくり楽しむことができる時間は旅程の中でもとても新鮮に感じて頂けるようで、旅行の中で一番思い出に残ったという感想をいただく事も多く、国外の方々にも沖縄伝統工芸を通じての笑顔が広がっていくことがとても嬉しく感じます。

沖縄県も日本国内はもとより、海外からの観光客数もうなぎのぼりなのですが、観光客数の上昇の裏で、こういった、人と人との密度ある交流というのは少し忘れられているような気がします。海外の方にとっては特にこういった経験はとても貴重な思い出になるようです。僕自身、初めての沖縄の旅でそういう経験をしたからこそ、いまここにいるんだと思います。

皆さん必ずまた来ると言って笑顔で帰って行かれます。体験が終了してお見送りするときは、それで終わりではなく、次の始まりです。

[ 2016/09/10 10:18 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

一瞬の晴れ 

台風が通過する前から、通過した今も大雨が続いていて、今週は晴れ間になかなか会えない状態です。
でもさっき一瞬晴れ間が出たので空を見ると





何だか朝から得した気分になりました(^_^)


でも今はまた大雨と雷。。。

今週まではかなり荒れた天気になるようです。観光の方は運転にも十分ご注意ください(沖縄の道は本土よりもよく滑ります)。
[ 2016/09/08 09:44 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

台風 

今日は朝からかなり荒れていると思ったら、熱帯低気圧が台風になって今日の夕方頃沖縄近海を通過するようです。

できたてなので暴風域はなさそうですが、海は荒れています。
マリンレジャーは厳しいと思いますが、前の記事で書いたとおり、この小さな台風がせっかく来るのなら、サンゴのためにも少しでも海の水をかき混ぜて水温を下げて欲しいですね。
[ 2016/09/06 11:02 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

白化が進む珊瑚 

昨日は久しぶりにシュノーケルを近所でしてきました。
夏休み前半からサンゴの白化は気になっていたのですが、夏休み後に海の中を見てみると、白化はかなり進展し、深刻な状態になっていました。




原因は海水温が高温のまま下がらないことと考えられます。
このまま海水温が下がらない状態が続くと、これらのサンゴは死滅してしまう確率が高くなります。

今年の沖縄の夏は観測史上最高の気温となりました。
沖縄だけではなく、日本各地、世界各地でこれまだ観測しなかったような気象現象が起こってきていますね。

テレビではどうしてこうなったかを説明してくれますが、「○○高気圧の勢力が強くて、それにより偏西風が通常のコースとは違って・・・」などと言ったものです。それはそれで説明として正しいと思いますが、少し前まで起こらなかったようなそういった現象が何故起こっているのかの説明もしっかりして欲しいです。
間違いなくこれらは人間が原因と思います。このままいけば世界中で今後厳しい自然災害が続いていくと思います。

今からでも僕達が日頃の生活から何ができるか、考えなくてはいけないですね。

白化したサンゴの隙間に、小さなテングカワハギのペアが身を寄せていました。

サンゴが死滅すると、彼らが生きていくのも厳しくなるでしょう。

「地球に住んでいるのは人間だけではない、そして地球に生きていくのは今の自分達の世代だけではない。」

それを日々忘れないようにしなければいけません。
[ 2016/09/03 09:33 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)