FC2ブログ










きれいな浜に戻りました 

うちの前の浜ですが、日々コツコツと清掃活動を行った結果、ようやく観光客の方にがっかりされないような、きれいな状態に戻りました。
やればできますね(^o^)
今回は自分の力だけでなく、先日行われた宇茂佐区の海岸清掃活動も大きいです。皆さんの力で大きなゴミも回収されました。
やっぱりきれいになると嬉しいですね。
といっても漂着ゴミはこれからも流れてきますので、海に行くたびに1つ、2つでも拾っていきたいと思います。

今日も朝浜辺へ行っていたのですが、近所の方が浜辺にいて、その方は僕がゴミを拾っているのを知っていて、
「ここは県の管轄なのでゴミを拾って市に回収させる必要はないから放っておいたほうがいい。県がそのうち回収するか、放っておけば台風なんかで全部流されてゴミはなくなる」
なんてことをおっしゃいました。
ボランティアイベントで海岸や山をこれまで何度も清掃しましたが、そんな場合でも市がきちんと回収を行いますので、立入禁止の県の土地ならともかく、こういう公共の海岸の場合は県の管轄だからゴミは拾わなくていいなんてことはないです。
こういう感覚の方もまだまだ沖縄には多いのが現状です。結局ゴミを捨てている人たちも同じような感覚なんだと思います。誰か拾ってくれるか、海や川がどっかに流してくれると。でもゴミは消えません。最後はマイクロプラスチックとなって自分の体内に食物とともに戻ってくるでしょう。

県が掃除するのを待つ。台風が流すのを待つ。そんなことでは、沖縄の浜、そして世界中の海は常にゴミだらけになるでしょう。
しかし、まだまだこの辺りでは感覚が数十年以上遅れているというか、大正、昭和時代前半にスマホの説明をするような感覚です(^_^;)。説明しても暖簾に腕押しというか・・・ただ、清掃活動に参加される方もいらっしゃいますし、こういうゴミ問題に関心をもつ方もいらっしゃいますので、若い世代の人たちからこの感覚が変わっていけばいいなと思います。

[ 2019/06/13 10:39 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)