FC2ブログ










離島の美しさ 

昨日まで渡嘉敷島に行っていました。

沖縄本島の景色も美しいですが、そこに毎日住んでいても離島の美しさはやはり違います。

空気がすごく澄んでいるせいか、すべてが更に鮮やかで輝いています。

夕日もとても美しく


星空は星座がわからなくなるほど煌めき、天の川や流れ星も素晴らしかったです。

海に入ってみると


自分で潜るだけで沢山の魚、そしてウミガメたちにも会うことができました。










ウミガメと泳ぐ時間は最高でした。
彼らは怖がる様子もなく、マイペースに黙々と海藻を食んでいました。
僕達がいじめたり、不用意に触れたり、餌付けしたりせず、そっと見守ることでこういう環境が守られれば素晴らしいと思います。

やはり当然ですが自然が残っている場所は、自然や生き物の存在感がとても強く、自然は人間だけのものでは無いということを強く感じさせられます。

これが都市部に行けば行くほど自然の存在感はなくなり、自然のものである天候ですらも人間が原因だなと思わせるものとなります。

ただ黙々と餌を食べ悠々と泳ぐアオウミガメ、そして伸び伸びと泳ぎまわる魚たち、色とりどりの珊瑚、そして燃えるような夕日、落ちてくるような満天の星、そして島の空気を感じて、やっぱり自然以上の宝はなくて、そんな宝の中で争いを続けている人類はなんてもったいないのだろうと感じました。ひとりでも多くの人類が自分たちの一番の宝に気づいていけば、もっと未来は明るくなっていくんじゃないかなと感じた2日間でした。
[ 2016/07/06 12:09 ] 休みの日 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する